• #看護師
  • #仕事

看護師にとって楽な仕事とは?転職時におすすめの科と施設を紹介

看護師にとって楽な仕事とは?転職時におすすめの科と施設を紹介

看護師は、不規則な勤務時間にくわえて人命に関わる機会が多いので責任が大きい仕事です。患者との触れ合いや看護そのものは好きだけれど、もう少し楽な仕事に転職したいと考えてしまうこともあるでしょう。

現状よりも楽な仕事に転職したいけれど、どんな求人が楽な仕事なのか知らないと応募できません。本記事では、看護師にとって楽な仕事の解説と、楽な仕事ができる科や施設を紹介していきます。

楽な仕事に転職して長く働きたいと考えている看護師は、最後まで読み進めてみてください。

1.看護師にとって楽な仕事の5つの条件

1.看護師にとって楽な仕事の5つの条件

看護師は、以下の条件を満たした場合に楽な仕事だと感じやすくなります。

  1. 夜勤がない
  2. 残業が少ない
  3. 重症患者・緊急受け入れがない
  4. 患者の入れ替わりが少ない
  5. 有給休暇を取得しやすい

それぞれの条件を満たすと楽な仕事と感じる理由を、詳しく解説していきます。

1-1.夜勤がない

入院病棟のある職場では、看護師は交代で夜勤をしなくてはいけません。夜勤は体内時計の乱れや慢性的な睡眠不足を引き起こし、疲労やストレスの蓄積につながります。

不規則な睡眠サイクルはやがて健康問題に発展する恐れもあり、看護師の仕事の質だけでなく、日常生活にも影響を与える可能性があります。したがって、日勤のみの職場に転職することで、生活リズムの安定と健康管理が可能です。

また、夜勤は看護師の人数が限られるので、患者の容態が急変した際の負担が大きくなります。夜勤のない職場は、楽な仕事ができるだけでなく健康面でも楽になります。

1-2.残業が少ない

残業が少ない職場は、仕事とプライベートのバランスを保ちやすく、メンタルヘルスの維持をしやすい環境です。看護師は多忙であることが多く、残業が日常化しやすい仕事です。

看護師の人数が多くて残業が少ない職場は、看護師にとって楽な仕事ができる環境になるでしょう。職場を選ぶ際には、残業時間の少なさや看護師の人数を事前に確認することが重要です。

1-3.重症患者・緊急受け入れがない

重症患者の対応や緊急受け入れは、予定通りに仕事ができずに精神的、肉体的に大きな負担がかかります。重症患者や緊急受け入れが少ない職場は、日々の業務が比較的安定し、自分のペースで仕事ができるので楽だと感じやすくなります。

一定のルーティンで仕事ができるとストレスが軽減されるため、心身の負担を減らすのに効果的です。

1-4.患者の入れ替わりが少ない

患者の入れ替わりが少ない職場では、一人ひとりの患者とじっくり関わることが可能です。患者の容態も把握しやすいので、質の高い看護を提供できるでしょう。

また、変化の少ない人間関係の構築が容易になり、個別の看護に慣れてくるので仕事が楽に感じます。患者が安定すると、業務内容もルーティン化できるのが看護師の仕事の特徴です。

1-5.有給休暇を取得しやすい

有給休暇の取得が容易な職場は、働きやすさを大きく向上させます。有給休暇を取ることでリフレッシュが可能となり、長期間にわたって働きやすいと感じるでしょう。

定期的に有給休暇を取得できる職場では仕事を楽に感じやすくなるので、求人情報を見る際は有給休暇の取得率に着目してみてください。看護師の人数が多い職場は、有給休暇を取得しやすいのでおすすめです。

2.看護師にとって楽な仕事ができる5つの科

2.看護師にとって楽な仕事ができる5つの科

看護師の仕事は、配属される科によっても大きく異なります。今回は、楽な仕事ができる以下の科を5つピックアップしました。

  1. 眼科
  2. 整形外科
  3. 皮膚科
  4. 耳鼻咽喉科
  5. 心療内科

それぞれの科の特徴について、詳しく解説していきます。

2-1.眼科

眼科では、重篤な症例が比較的少ないため、看護師の心身の負担が少ないのが特徴です。日中の外来対応が主で夜勤がなく、急患が少ないので定時で帰宅しやすいというメリットもあります。

眼科手術や治療の介助では、細かい作業が求められるため、細やかなケアに興味がある看護師は眼科に向いています。視力低下や白内障などで比較的お年寄りの患者が多いので、お年寄りが好きな看護師は眼科の求人を探してみましょう。

2-2.整形外科

整形外科は、ヘルニアや骨折などの手術後のリハビリテーション対応が中心です。急変する患者が少ないので予測可能な業務が多く、計画的に仕事を進めやすいのが特徴です。

また、慢性的な痛みや運動機能の改善に向けた長期的なケアが中心になるので、患者とじっくりコミュニケーションをとれます。ルーティンワークと患者との触れ合いが好きな看護師は、整形外科に向いているでしょう。

2-3.皮膚科

皮膚科では急患が少なく、慢性的な皮膚疾患の患者さんの定期的な診察が中心となります。病院やクリニックなど、施設を問わずに日中の外来業務が主で、夜勤もありません。

皮膚科では、患者の皮膚の状態を観察し、細かなアドバイスを行うことが重要です。患者の普段の生活習慣を聞いたり質問に答えたりするため、一定のコミュニケーション能力が求められます。

皮膚科で学んだ知識や経験は私生活にも反映できる点が多く、楽な仕事が多いので優先して求人を見つけたい科の1つとなります。

2-4.耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科では、風邪症状や花粉症などのアレルギー対応が主で、重篤な症例に遭遇することが少ない職場です。そのため、他の科と比較して心身のストレスが少なく、楽な仕事ができる科としておすすめです。

耳鼻咽喉科の患者は、子供からお年寄りまで年齢層が広いので、色々な患者と出会えます。アレルギーを調べるために採血することはありますが、専門的な処置が少ないのも耳鼻咽喉科のメリットです。

2-5.心療内科

心療内科では、患者の精神的なケアやカウンセリングが求められます。対話を重視したケアが中心なので肉体的な負担が少なく、患者の心に寄り添った看護を主に行います。

心療内科では患者との深い関係構築が重要となるため、人間関係を大切にする看護師に最適です。心療内科は基本的に予約制での診療になるので、定時退社が多く楽な仕事ができる職場です。

3.看護師にとって楽な仕事ができる5つの施設・職場

3.看護師にとって楽な仕事ができる5つの施設・職場

看護師にとって楽な仕事ができるかどうかは、施設によっても異なります。楽な仕事ができる施設として、今回は以下の5つの施設を紹介します。

  1. 健診センター
  2. クリニック
  3. 保育園
  4. 介護施設
  5. 美容クリニック
  6. 治験コーディネーター(CRC)

転職する際に、どの施設の求人に応募するかの判断材料にしてみてください。

3-1.健診センター

健診センターでは、主に健康診断の実施と診断結果の管理を担当する施設です。健診センターでの看護師の役割は、患者の身体測定や採血、各種検査の準備とサポートが中心です。

夜勤や緊急対応がないため定時退社が可能でルーティンワークが多いことから、楽な仕事ができる職場として看護師に人気の職場です。

3-2.クリニック

一般的なクリニックでの看護師の仕事は、外来患者の診療準備や患者対応、診療のアシストなどです。クリニックには入院設備がないので夜勤もなく、残業も比較的少ないため、働きやすい環境が整っています。

また、患者一人ひとりとじっくり向き合えるため、より個別の看護を提供することが可能です。地域に根付いたクリニックは、看護師にとって楽な仕事ができる施設の1つです。

3-3.保育園

保育園での看護師の仕事は、子供たちの健康管理、怪我や病気の際の処置が中心です。子供たちの安全を守るための健康チェックや教育活動にも関わります。

転倒時の擦り傷の処置や発熱時の体温測定など、緊急性が低い対応が中心なのでストレスが少なく、子供好きな看護師には最適な職場環境になるでしょう。保育園の看護師は採用枠が少ないので、求人を見つけたら早めに応募するよう心がけてください。

3-4.介護施設

介護施設での看護師の仕事は、入居者の日常的な健康管理や投薬管理、病状のモニタリングなどです。介護施設では緊急対応が比較的少なく、入居者との長期的な関係を構築できます。

入院病棟のように細かいタイムスケジュールがないので、介護施設は比較的楽な仕事ができる職場として看護師に人気です。お年寄りが好きな看護師は、介護施設の求人を探してみましょう。

3-5.美容クリニック

美容クリニックでは、美容手術や施術の補助、患者対応が看護師の主な仕事です。クリニックなので夜勤がなく、美容に関連する専門的な知識や技術を身に付けられます。

女性にとって美容は年齢を問わず重要なテーマです。その美容に関する専門性を深めたい看護師や美容分野に興味がある看護師にとって、キャリアアップの機会が豊富な職場環境です。

専門的な施術は美容外科医が担当するので、美容クリニックは楽な仕事ができる職場としても人気になっています。

  • 格安で医療脱毛や美容整形が可能
  • 夜勤がなく、決められた時間のみ
  • 求人数が多く、働きやすい

3-6.治験コーディネーター(CRC)

治験コーディネーター(CRC)は、新薬の研究開発をサポートする仕事です。被験者の心身のフォローや治験状況の報告、関連企業との治験フローの調整などが主な仕事内容になります。

CRCの仕事環境は夜勤はなく、基本的には土日祝が休みの職場となります。また、医療機関に訪問することも多く直行直帰することも可能な場合も少なくありません。

看護師の知識を活かしながら、新薬の治験に携わることができる治験コーディネーターは看護師の新しいキャリア形成としても魅力的です。

▼治験コーディネーターについて詳しく知りたい方向け

治験コーディネーター(CRC)として働く看護師の仕事内容|口コミも紹介

4.看護師にとって楽で高給な仕事3選

4.看護師にとって楽で高給な仕事3選

看護師として楽な仕事は魅力ですが、収入が大きく下がってしまっては転職に踏み切れません。楽なだけでなく、高給な仕事として以下の施設をピックアップしました。

  1. 難病指定の老人ホーム
  2. 精神科病院
  3. 美容クリニック

それぞれの施設の特徴を、詳しく解説していきます。

4-1.難病指定の老人ホーム

難病指定の老人ホームは、特定の疾患を持つ高齢者に対して専門的な看護を提供します。そのため、特定の疾患に関する深い知識と経験が必要になるので、看護師としての専門性を追及できます。

難病指定の老人ホームは慢性期の患者が多いため、急変する患者の対応が少ないことも特徴です。専門性を活かした高い給与が期待できると同時に、緊急対応などの負担が少ない職場環境です。

4-2.精神科病院

精神科病院では、精神障害を持つ患者の長期的な看護を行います。この分野では、患者の精神状態の安定化を目指した看護が求められ、そのためには高度なコミュニケーション能力や精神看護の知識が必要です。

投薬などの長期的な看護が中心で急性期の対応が少ないため、楽な仕事と高給を両立できるでしょう。その一方で、精神科病院では交代で夜勤が必要になるので、夜勤が苦手な看護師には不向きな職場になります。

4-3.美容クリニック

美容クリニックでは、美容に関連する医療行為の補助や患者のケアを行います。美容看護の専門性を追及できるので、美容に興味を持つ看護師にとって魅力的な職場です。

美容クリニックでの施術は高額なメニューが多いので、一般の看護師よりも給与が高いのもメリットです。美容クリニックの看護師は、美容分野の専門性を高めることにより、自分を磨きつつ高給を得るチャンスもあります。

5.まとめ

看護師にとって楽な仕事を探す際は、夜勤や残業の有無、患者の緊急度や頻度、有給休暇の取得しやすさなどを考慮することが重要です。病院やクリニックで働く際は、配属になる科によっても楽な仕事ができるかが決まります。

楽な仕事をしつつ高給が欲しい看護師には、難病指定の老人ホームや精神科病院、美容クリニックへの転職がおすすめです。求人情報を見る際は、本記事で紹介した科や施設を転職先の候補としてみましょう。

ranking

人気ランキング

recommend

ワンナースおすすめの記事

Nurse Life, Your Way.

Nurse Life, Your Way.

Nurse Life, Your Way.

Nurse Life, Your Way.